プラスチックに印刷したい

身近な製品に多く使用されているプラスチック(樹脂)。プラスチックは、用途により数多くの種類が開発されており、一般的なものでは ABS樹脂・ポリカーボネート(PC)・アクリル・ポリプロピレン(PP)・ポリエチレン(PE)・塩ビ(PVC)・セルロイド などがあります。

それぞれの材質によって適正なインクを選ぶ必要があり、密着しにくい材質に対しては、プラズマやフレームなどの前処理を行います。

プラスチックは、様々な成形方法でカタチになります。
例えば、射出成形(別名インジェクション成形)ではパッド印刷・シルクスクリーン印刷・ホットスタンプ印刷が多く使われており、ブロー成型ではドライオフセット印刷、シルクスクリーン印刷、ホットスタンプ印刷が使用されています。さらに、シート成形では食品容器・搬送トレイ等に用いられていますが、主な印刷はドライオフセット印刷です。

お問い合わせ

主なプラスチック一覧表

 分 類 プラスチック名称  記 号      主な用途           
熱可塑性プラスチック 非晶性 塩化ビニル樹脂 PVC パイプ、波板、電線、レガー、フィルム、重合材料
ポリビニルアルコール PVAL 製紙加工、接着剤、バインダー、フィルム
ポリカーボネート PC 電気電子部品、医療・食品用部品、雑貨、フィルム
ポリビニルブチラール PVB 安全ガラス中間膜用、プリント配線用、接着剤
ポリスチレン PS 射出成形品、雑貨、弱電機器、共重合用、シート
ABS樹脂 ABS 電気器具、雑貨、車両、機械部品
ポリメタクリル酸メチル
(メタクリル樹脂)
PMMA シート、看板用、照明カバー、建材、共重合用機械部品、雑貨
ポリフェニレンオキシド
(ノリル樹脂)
PPO 自動車部品、耐熱性製品、電気電子部品、事務部品、給水部品
ポリウレタン PUR フォーム、自動車内装、機械部品、合成木材。硬いものと軟らかいものがある。
アイオノマー樹脂
(サーリンA)
ionomer IO 射出成形品、容器、パイプ
結晶性 セルロース系プラスチック 塗料、フィルム、成形用
ポリエチレン(高密度) PE(HD) 射出成形材料、雑貨、工業部品、発泡材、パイプ、ブロー成形品
ポリエチレン(低密度) PE(LD) フィルム、塗料、酢酸ビニルとの共重合材料、積層品
ポリプロピレン PP 射出成形品、フィルム、袋、容器
ポリアミド(ナイロン) PA 機械部品、電気通信部品、輸送機械部品、事務機械・スポーツ用品
ポリアセタール
(ポリオキシメチレン)
POM 射出成形品、機械部品、しゅう動部材料、パイプ、シート、雑貨
ポリフェニレンサルファイド PPS 耐熱・耐薬品材料、しゅう動部材料
塩化ビニリデン樹脂 PVDC 繊維、ろ過布、網、フィルム、ラテックス
ポリエチレンテレフタレート PETP 射出成形、押出し成形、電線被覆、パイプ、発泡材
フッ素樹脂
(四フッ化エチレン)
PTFE 化学装置用部品、電気材料、しゅう動部品、塗装用、シール材
熱硬化性プラスチック フェノール樹脂
(フィラーが木粉の場合)
PF 電気機器、化粧板、一般電気絶縁材料、接着剤、シェルモールド
ユリア樹脂(フィラーがα-セルロースの場合) UF 接着剤、繊維加工、食器、機械部品、キャップ、雑貨
メラミン樹脂(フィラーがα-セルロースの場合) MF 化粧板、塗料、繊維加工、成形材料、紙加工
不飽和ポリエステル樹脂 UP FRP成形品、塗料、ボタン、化粧板、平波板、注型
ジアリルフタレート樹脂(フィラーがガラス繊維の場合) PDAP 化粧板、成形材料、積層品、変性用
エポキシ樹脂 EP 接着剤、塗料、電気絶縁材料、構造用材
ケイ素樹脂(フィラーがガラス繊維の場合 SI 電気・エレクトロニクス部品、コーティング材料
アルキド樹脂 ALK 塗料、難燃成形材料
ポリイミド PI 耐熱フィルム、ワニス、接着剤
ポリアミノビスマレイミド PABI しゅう動部材料、機械、電子部品
ウレタン樹脂 PUR フォーム

お問い合わせ